たこblog

投資について発信していきます

肌に若い頃のうるおいを取り戻す「ライスフォース」セット!

f:id:souta0122:20191221194444p:plain
こんにちは、たこです🐙
今回は、長時間勤務や長い時間友達と遊ぶと乾燥が気になる方におすすめの化粧水、美容液、クリームのワンセット「ライスフォース」をご紹介します。

ライスフォースとは

f:id:souta0122:20200101230049p:plain
肌の水分保持能を改善」させる、ただ一つの有効成分「ライスパワーNo.11エキス」を、高濃度に配合したスキンケアシリーズです。

お肌の「水分量」とは、肌表面に水分がどれだけあるかの値で、一時的なものです。化粧品を使った後や入浴後には一時的に高まりますが、時間と共に減少していきます

一方「水分保持能」とは、角質層内に水分を保つ能力の事です。この能力が高まれば、水分量を常に高い状態で保てるので、きめがふっくらしてみずみずしい肌でいられ、かつ外的刺激や紫外線、乾燥などの影響も受けにくくなります。

ライスパワーNo.11エキスは、「水分保持能の改善効果」が認められた有効成分。水分を与えるだけでなく、肌自らうるおう力を育みます



肌にうるおいを導く3つの特性

1.浸透力

分子が小さいから有効成分がお肌にぐんぐん浸透しすみずみまでたっぷりうるおいます。

2.保持力

うるおい長時間キープ!肌のセラミドをサポートし、お肌のうるおいを保つ力を高めます。水分を逃さずぷるぷるになります。

3.改善力

肌のうるおいキープ力改善お肌が十分にうるおうことにより、肌のバリア機能を水分を 水分が サポート。肌トラブルに負けない肌へ変化します。



ディープモイスチェアローション

f:id:souta0122:20200101230224p:plain
乾燥肌の赤ら顔が、このローションを使ってから、頬の赤みが治りびっくりする程、肌の調子が良くなります。毎日使用することで効果もより高くなります。



ディープモイスチェアエッセンス

f:id:souta0122:20200101230509p:plain
悩みのあるところに重ね付けして1ヶ月後、たるみやシミ、クスミが気にならなくなるほど改善されます。ベタつきも無く優秀な保湿効果があります。



ディープモイスチェアクリーム

f:id:souta0122:20200101230954p:plain
クリームなのにベタつかず、しっかりうるおいを閉じ込めます。モチモチしていて使用した翌日の朝もしっかりとうるおいが続きます。



レビュー

1.べたずかず

夏の時期クリームを塗るとベタベタしてしまうのですが、これはちょうどよい使用感でした。夜も昼もかならず塗っています。

2.優れもの

軽いタッチのクリームみたいな感触。
化粧水をつけた肌に馴染むのも早く、
ベタつき無しけれど優秀な保湿効果があります。

3.安心です

肌にぐんぐん吸い込まれる感じが良いです。香りもなく
体調が悪くても躊躇なく使う事ができます。



まとめ

少しとろみの化粧水ですが、すっーと肌に吸い込まれていくように馴染みながら肌表面にベタつきなどなく、しっかりと水分を蓄えたかのような感触です。

/* */ @import "/css/theme/life/life.css"; /* */ /* */ body{ background-image: url('/images/theme/backgrounds/2014/blur-02.jpg'); background-repeat: no-repeat; background-attachment: fixed; background-position: center top; background-size: cover; } /* */ .page-index .archive-entries{ display: -webkit-flex; display: flex; -webkit-flex-wrap: wrap; flex-wrap: wrap; -webkit-justify-content: space-between; justify-content: space-between; } .page-index .archive-entry{ width: 37%; padding: 200px 0 0 0; position: relative; } .page-index .entry-thumb{ display: none; } .page-index .entry-thumb-link{ display: block; width: 100%; height: 150px; background-position: center center; background-size: cover; position: absolute; top: 0; left: 0; } .page-index .date{ position: absolute; top: 0; left: 0; z-index: 10; } .page-index .entry-title{ padding: 0.5em 0 0 0; } .table-of-contents:before{ content: “この記事の目次”; font-size: 120%; font-weight: bold; } .table-of-contents{ padding: 20px 10px 20px 40px; border-radius: 5px; background: #f0ffff; } /*目次のデザイン変更*/ .entry-content .table-of-contents { position:relative; margin-left: 0; padding: 15px 10px 15px 35px; /* 枠内の余白(上右下左) */ font-size: 100%; /* 文字の大きさ */ font-weight:bold; list-style-type:decimal; /*数字以外が良ければ変更 */ background:#fff; border-top:40px solid #90caf3; /* 「この記事の目次」周りの色 */ border-left:2px solid #90caf3; /* 線の太さ */ border-right:2px solid #90caf3; border-bottom:2px solid #90caf3; line-height: 200%; /* 行間 */ border-radius: 3px; /* 角丸にしない場合は不要 */ color:#444; /* 数字(マーク色変更) */ } /*「この記事の目次」の周囲変更*/ .entry-content .table-of-contents::before { font-family: 'blogicon'; content: "\f039 この記事の目次"; display: block; font-size: 130%; font-weight: bold; position: absolute; top: -40px;/*上からの位置調整*/ left: 0px; /*左からの位置調整*/ color: #fff !important; } /*リンクの色変更と下線を消す*/ .entry-content .table-of-contents li a{ color:#444; /* 目次リスト部分のテキスト色 */ text-decoration:none; /* リンクの下線をつけたくない場合 */ } h1 { padding: 0.5em;/*文字周りの余白*/ color: #010101;/*文字色*/ background: #eaf3ff;/*背景色*/ border-bottom: solid 3px #516ab6;/*下線*/ border-left: solid 10px #7db4e6;/*左線*/ } 左線 h4 { position: relative; padding-left: 25px; } h4:before { position: absolute; content: ''; bottom: -3px; left: 0; width: 0; height: 0; border: none; border-left: solid 15px transparent; border-bottom: solid 15px rgb(119, 195, 223); } h4:after { position: absolute; content: ''; bottom: -3px; left: 10px; width: 100%; border-bottom: solid 3px rgb(119, 195, 223); }