たこblog

投資について発信していきます

POLAの最高峰のエイジングケア ブランド【B.A】を徹底解説!!

f:id:souta0122:20200116215047p:plain
こんにちは、たこです🐙
今回は、エイジングケアの最高峰ブランドPOLA  B.Aについて詳しくご紹介します。


そもそもB.Aとは

f:id:souta0122:20191220165519p:plain

~B.Aの特徴~

独自のエイジングケア理論である「バイオアクティブ理論」をもとに作られたポーラの最先端研究を集結させた最高峰のエイジングケアブランドです。

いつまでも美しくありたいと願う女性に、美の革新を届ける事を使命とし、今現在も進化を続けています

B.Aのブランド情報

肌の細胞ひとつひとつの力を、どこまでも信じる。信じぬく。ポーラ生命科学研究の最先端の理論を取り入れながら、常に美の革新者であること。B,Aの使命は、決して変わりません。

B.A独自のサイエンス

バイオアクティブ理論から、次世代の美しさへ 肌の中で生きる細胞のひとつ一つの力を最大限に引き出してこそ生まれる真の美しさがある。

この揺らぐことのない考え方こそが、B.Aの真髄「バイオアクティブ理論」です。近年では、次世代の美しい肌のあり方を発掘する「B.Aリサーチセンタ—」を創設し、国内外の様々な研究機関と協力しながら、最新の生命科学研究から、常に進化した提案を発信し続けます。

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はなんで美しいのか。その着想から、からもう一度、肌誕生に立ち戻り、肌の誕生因子のひとつ、「バーシカン」に着目。生命感あふれるような、輝きに満ちた肌を目指します。

B.A独自のクオリティ

内なる美を開花させるような香り メイン香料は、女性を輝かせる花「イランイラン」、甘さを醸し出す「ブラックバニラ」、スパイシーさを与える「ブラックペッパー」の3つの天然香料を使用。

嗅ぐだけで、内なる美が開花する予感を与えてくれるような香りです。


濃密でありながらスムーズになじみ、肌と一体化するような感触である喜びがふくらむような「ディープマリアージュタッチ」。

使うたびに、真の美しさに近づいていくような。使うたび、美しくなる気持ちが高まる。そんな喜びがふくらむ感性品質です。

B.A独自のアートワーク

化粧品であり、アートでありたい。化粧品という枠を超え、女性の感性を刺激しつづけたい。その思いが、B.Aのすべてのパッケージデザインには息づいています。

プロダクトの背景にあるサイエンスや信念を汲みとりながら、アートをどこまでも大切にする。例えば、B.A ローション。女性の多面的な美を直線と曲線を対比させることで表現しました。

さらに、繊細でダイナミックな人の動きを版画で描いたB.A ベースメーク。見る角度によって色が変化し、新たな刺激を予感させるB.Aカラーズ。

手で触れて、心で触れて。ひとつひとつの美しさを、どうぞ愉しんでください。

/* */ @import "/css/theme/life/life.css"; /* */ /* */ body{ background-image: url('/images/theme/backgrounds/2014/blur-02.jpg'); background-repeat: no-repeat; background-attachment: fixed; background-position: center top; background-size: cover; } /* */ .page-index .archive-entries{ display: -webkit-flex; display: flex; -webkit-flex-wrap: wrap; flex-wrap: wrap; -webkit-justify-content: space-between; justify-content: space-between; } .page-index .archive-entry{ width: 37%; padding: 200px 0 0 0; position: relative; } .page-index .entry-thumb{ display: none; } .page-index .entry-thumb-link{ display: block; width: 100%; height: 150px; background-position: center center; background-size: cover; position: absolute; top: 0; left: 0; } .page-index .date{ position: absolute; top: 0; left: 0; z-index: 10; } .page-index .entry-title{ padding: 0.5em 0 0 0; } .table-of-contents:before{ content: “この記事の目次”; font-size: 120%; font-weight: bold; } .table-of-contents{ padding: 20px 10px 20px 40px; border-radius: 5px; background: #f0ffff; } /*目次のデザイン変更*/ .entry-content .table-of-contents { position:relative; margin-left: 0; padding: 15px 10px 15px 35px; /* 枠内の余白(上右下左) */ font-size: 100%; /* 文字の大きさ */ font-weight:bold; list-style-type:decimal; /*数字以外が良ければ変更 */ background:#fff; border-top:40px solid #90caf3; /* 「この記事の目次」周りの色 */ border-left:2px solid #90caf3; /* 線の太さ */ border-right:2px solid #90caf3; border-bottom:2px solid #90caf3; line-height: 200%; /* 行間 */ border-radius: 3px; /* 角丸にしない場合は不要 */ color:#444; /* 数字(マーク色変更) */ } /*「この記事の目次」の周囲変更*/ .entry-content .table-of-contents::before { font-family: 'blogicon'; content: "\f039 この記事の目次"; display: block; font-size: 130%; font-weight: bold; position: absolute; top: -40px;/*上からの位置調整*/ left: 0px; /*左からの位置調整*/ color: #fff !important; } /*リンクの色変更と下線を消す*/ .entry-content .table-of-contents li a{ color:#444; /* 目次リスト部分のテキスト色 */ text-decoration:none; /* リンクの下線をつけたくない場合 */ } h1 { padding: 0.5em;/*文字周りの余白*/ color: #010101;/*文字色*/ background: #eaf3ff;/*背景色*/ border-bottom: solid 3px #516ab6;/*下線*/ border-left: solid 10px #7db4e6;/*左線*/ } 左線 h4 { position: relative; padding-left: 25px; } h4:before { position: absolute; content: ''; bottom: -3px; left: 0; width: 0; height: 0; border: none; border-left: solid 15px transparent; border-bottom: solid 15px rgb(119, 195, 223); } h4:after { position: absolute; content: ''; bottom: -3px; left: 10px; width: 100%; border-bottom: solid 3px rgb(119, 195, 223); }